楽しみな介護士さん♪

夫が入所していた施設の介護士さんから連絡があった


「看護学校の試験合格しました♪」


介護士資格だけでなく看護師資格もあったら

もっとご利用者様の力になれるのではないか

そう思って社会人枠で看護学校に挑戦しようと思います

そんな話を昨年から聞いていた


何も出来ないけれど全力で応援しますと伝えていた


もっとご利用者様のことを理解できる職員になる!

そのために学べると思うとワクワクしています


合格した報告にまたご主人に会いに行っていいですかと

連絡を頂いたのだ



  看護学校を卒業すると40歳になってしまいます

  それでも全然不安はありません  

  さくらさんご夫婦に巡り合って

  おかしいと思う現状をそのままにしてはいけないと気付かせてもらいました

  良い介護を目指す気持ちを失わない自分でい続けることができるよう

  がんがっていきたいと思います


子供さんが3人いてまだ一番下のお子さんは3歳

来年の春からは次女さんと共にピカピカの1年生として頑張るそうだ

主婦として子育てと家事、介護士として仕事を

そして受験勉強までも頑張っていた


頑張るお母さんの姿は子供たちにとってもきっと誇らしいはずだ


本当に嬉しい報告だ

私は介護家族として決してブレない思いを最後まで貫いた

そのことは施設側にとってはある種けむたい存在だったはずだ

それでも弱い立場の人たちの命のために諦めるわけにはいかなかった

トップと話しをしても何の解決も得られないと分かってからは

現場の介護職員とは折に触れ話し合ってきた


ダメなことはダメなんだと

介護をしてあげているからと言って許されることではないことも

気持ちが折れそうで諦めかけたことも1度や2度ではない

伝え続けたが結果的には何も変わらなかった


けれど

素敵な職員達もいてくれて私の言いたいことに共感し

良い施設にしていく方法はきっとあると信じ頑張ってくれていた

そういう人たちがいてくれると思うだけで

私の心はいつも温かくなり救われていた



夫を亡くした今

こういう人たちの嬉しい報告で十分報われている

夫には辛い思いをさせていたのではないかという思いもあったが

彼女たちの頑張りを心から称えてくれていると思う



あわゆくば・・・いや・・・何も望みません!(^^)!



こうして事あるごとに今でも夫の仏前に

報告がてら手を合わせに来てくれる


そのことが本当に心から嬉しい♡♡♡



🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸
仕事としてやったことがないのに

安易に言う事ではないかもしれないが

他の仕事と比べ介護の仕事が特別きつい仕事とは思わない

どんな仕事も困難は沢山ある

怖~い経理のおねいさんの私だってその苦労は数知れず!!!(ー_ー)!!!

仕事でなくても「生きる」ということ自体に困難は山盛だ

様々な問題を介護職はきついからということにしてしまうのはどうかと思う


ここの施設の介護士さんて結構楽だよね~

そんなことを言っていたご家族もいた・・・(そだねーと内心思った(^_-))



良い介護士が更に志を持ちもっと良い介護士になっていく

そういった人たちが報われる介護業界でなければ

介護業界の未来はないだろう

人出不足を招いているのは一体何なのだろうか・・・


な~んてことを素敵な報告と共にフツフツと思いふけっておりました(*^^)v

ファイト~p(*^-^*)q
スポンサーサイト



コメント

コメント(14)
介護
こんばんは。

看護師さんの資格も取られる…
すごい方ですね。
尊敬と同時に羨ましいです。

「介護の仕事が特別きつい仕事ではない」
ハッとする言葉でした。
いろいろな事件があるたびに、介護士はきつい仕事、
給料が安い仕事って言われるけど、
確かにそうですよね…
介護士だけがきつい仕事ではないし、
仕事がきつくて報われないわけではないし
人の命に直結しているから、
イライラにの矛先が利用者に向かってしまうわけで...
そんなこと言ったら、わが社の掃除をしてくれている方たちのほうがもっときつくて、
大変な仕事のような気もします。

楽な仕事はないと思うけど、
生きるためには働かなくてはいけないし、
なんかいろいろ考えちゃいました。

ぽぽ

2019/11/19 URL 編集返信

こんばんは
現状に満足することなく、
絶えず技能に磨きを掛け、
更に新しいことにも挑戦していく。
人間として素晴らしいと思いました。
爪の垢を煎じて、
飲まなければいけないのは、
自分かもしれません^^;

はるま

2019/11/19 URL 編集返信

さくら
ぽぽ様 こんばんは!

コメントありがとうございます。

夫が入所して初めて担当していただいた方で
介護の知識と実際の介護のバランスも良く
素敵な介護士さんですが
更に勉強をするというそのバイタリティー尊敬します。

そうなんですよ!
どんな仕事もそれなりに大変なことがあって
大きな苦労を伴うこともあります。
これなら楽チンにお金が頂けると言えるものはそうそうありません。

それでもお給料を頂く責任として自分の仕事に向き合うだけです。

それにしても「若いって良いな」(^^♪

さくら

2019/11/19 URL 編集返信

さくら
はるま様 こんばんは!

私も爪の垢を煎じていただきたいと思っていますよ
彼女にそう言ったこともあります!(^^)!

前向きな姿にいつも感心していましたし
若いってやっぱり素晴らしいですね♪

さくら

2019/11/19 URL 編集返信

おめでとうございます^^
遠いところから私もその看護師の卵さんにエールを送ります。
介護士から看護師の資格に挑戦する人は結構いらっしゃいますね。
私の周りにも3人いました。

介護に限らずどこも人手不足。日本という国が少子高齢化で若者がいないのですからイメージが良くない介護には中々人が集まらないのも事実です。
外国からやってくる方の中にも志があって、良い介護をしてくださる方もいらっしゃいます。
娘の勤務する会社にはベトナムの若者が整備の仕事を担ってくれているそうですが、真面目で素直な子ばかりだと言っていました。捨てたもんじゃないという世の中になってほしいですね。

柊南天

2019/11/19 URL 編集返信

さくら
柊南天様 こんばんは!

お祝いコメントありがとうございます
柊南天さんのお気持ち今度伝えますね(^_-)ウフ

昨日ちょっと用事があって立ち寄ってくれた介護士さんも
とっても前向きな介護士さんです♪
外国人の介護士さんもいらっしゃいました。
よく気が付き一生懸命に利用者に寄り添う
素敵な介護をしてくれていました。

若者ガンバレ~
みんなみんなガンバレ~
って感じです♡

さくら

2019/11/19 URL 編集返信

凄いですね。
ほんと頑張り屋さん。
そう言う人って自然と応援したくなるもんですよねー^ ^

onorinbeck

2019/11/20 URL 編集返信

こんにちは
思いが通じる共感出来る・・ステキなことですね。
さくらさんの一貫した姿勢が届いたのですね。
これからも苦難はたくさんあると思いますが、
その方も、さくらさんも励まし合って成長出来たらいいでね。
ステキな出会いは、人を成長させてくれますね。
のほほ~んのわたしにも
「カツ!」をいただいてます。

くぅ

2019/11/20 URL 編集返信

さくら
onorinbeck様 こんばんは!

介護の仕事が好きで
介護の仕事をもっともっと極めたいと思っている方が
結構いらっしゃって・・・
そういう方達を見ていると
日本もまだまだ大丈夫!(^^)!って思います。

私の老後(今でも老後だけれど^^;)の介護を
是非そういう方たちにお願いししたいと思います(*^^)v

さくら

2019/11/20 URL 編集返信

さくら
くぅさん こんばんは!

思えば通じる!
全てではないでしょうがきっと通じますよね♡

どんな状況でも苦労はついて回りますが
自分の立ち位置で出来ることで何かが出来たら良いな~と思います♪

くぅさんは素敵な写真と豊富な情報量で
多くの方に力を与えているのですよ!(^^)!

さくら

2019/11/20 URL 編集返信

こんにちは
本当にどこに問題があるのかなぁと思います。
様々な問題を介護職はきついから・・・の一言に解消してしまってはいけませんね。

でも、夫の介護をしながら、きまじめに一生懸命やればやるほど、うまくいかない、イラっとしてしまう、認知症介護の難しさを感じます。
夜中に一人で介護に格闘していると、おかしくなってしまい、虐待に至ってしまう心情がわかってしまう・・・。どうセルフコントロールするか、これは簡単なことではないと思います。

介護の仕事って、家族もやっていることだし、誰でもできるように思われがちですが、日々訓練を受け学び続けないとできない専門職であると思います。けれども、看護師は専門職と見られているのに、介護士は資格制度はあるにはありますが、専門職としては一段低く見られている。お給料に歴然とした差があります。
私が特に心配しているのは、夜勤帯のことで、20人をたった一人の介護職で見なければならないような今のシステムです。人間というのは弱いもので、誰も見ていない密室空間では、より弱い人間にあたってしまいがちである(虐待)ということを前提に、複数で対応できるような体制でなければ・・・と思うのです。

アワキビ

2019/11/21 URL 編集返信

さくら
アワキビ様 こんにちは!

問題は施設が福祉業と言えども企業としてとして
入所している方を「お客様」と
とらえた時これでいいのかその原点に立ち
認知症であっても障害者であっても一人のお客様として
相対する精神を教育指導できるか
出来ていなければ改善のための指導を何度もしているかと
それに尽きると思っています。
指導者自体の資質にもよるかと・・・^^;
そこら辺りをなおざりにしている限り何も変わらないかと思います。

色々ありますが
入所している方が安心安全に暮らせるように進んでいったらいいですね。

さくら

2019/11/21 URL 編集返信

さくらさん、こんにちは(^^)
凄く前向きで、ホント楽しみな介護士さんですね!
やはり、皆さんおっしゃる通り、さくらさん夫妻が与えた影響も大きいんだと思います。

・・・ついに、自ら「怖〜い経理のおねえさん」と名乗るようになりましたね。(笑)

FirstMESA

2019/11/21 URL 編集返信

さくら
FirstMESA様 こんばんは!

アハハ~はい!本当に経理の怖~いおねいさんだといますもん(^▽^;)
そうでなければなかなか務まりませんです!!!

楽しみな介護士さんと沢山巡り合えたことが
今の私の財産かもしれませんね!

さくら

2019/11/21 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント